神戸の金券ショップで切手を売買するには?の詳細

> 神戸の金券ショップで切手を売買するには?

神戸の金券ショップで切手を売買するには?

切手は、有価証紙でありながら他の金券とは少し違う扱いをされています。郵便料金の納付に限って使われる証紙でありながら、郵便局で換金することができません。その上、頻繁にデザインを変えたり記念切手なども発行されていることからプレミア的価値がつくものもあり、その取引価格の見極めが難しいのです。従って、通常の金券ショップなどでは、現状のデザインのものを額面の何割かで売買するにとどまっています。プレミア的価値がつく切手は専門の鑑定士などでないと金額の見極めが難しいからです。

では、ここでは神戸市内の金券ショップで切手の売買をする際に、注意しておきたいことをご紹介しましょう。

●三ノ宮という高立地だが通信買取が便利「アクセスチケット」

全国チェーンを展開する金券ショップの大手アクセスチケットは、神戸の場合三ノ宮の駅近に実店舗を持っています。しかし、大量の切手を販売したりする場合には、通信買い取りが便利です。普通切手、記念切手に限らず額面50円以上の切手シートは額面の93〜96%で買い取ってくれます。バラ切手の場合でも、50円以上は65%、50円未満は60%での買取を行っています。(2018年現在)

ただし、バラ切手の場合は買取にコツが必要で、同じ額面の切手が50枚以上ある場合には50枚ずつ袋等に入れて送らなければいけません。一方で、全く同じ切手が50枚以上ある場合はA4紙にキレイに貼って送れば、買取額がアップするようです。ただし、破れてしまった切手は買い取ってもらえません。もちろん、買い取った切手は、こちらも普通切手、記念切手に限らず格安で販売も行っています。事業等で大量に同じ額面の切手が必要な場合は利用してみるといいでしょう。

●実店舗が多数あって便利「甲南チケット」

東灘区の岡本や、三ノ宮のダイエー、生田ロード、モルティ垂水など、神戸市内だけでも15店舗以上展開しているのが「甲南チケット」です。「甲南チケット」も切手の買取と販売を行っていて、各種切手シートを額面の何割かで買取、さらには割安で販売を行っています。郵便局代わりに利用してもらうことを目指していて、切手だけでなく官製はがきの売買にも力をいれています。

●古参の金券ショップ「ジャパンギフトサービス」

三ノ宮のセンタープラザ東館に店舗を構えるのが「ジャパンギフトサービス」です。大阪を中心に古くから金券ショップを展開してきた同店ですが、経営母体であるナショナル流通産業株式会社が民事再生法の適用を受けたことから経営が危ぶまれていましたが、まだ元気よく営業しているようです。個人だけでなく、法人にも満足してもらえるようにと大量の品揃えで勝負しているように見えます。もちろん、切手シートも在庫しだいですが、割安で販売しています。切手の買取に関しても、額面50円以上の100枚シートは他店よりも比較的高額で買取してもらえると非常に評判が高いお店です。

●その他、通信売買ができる全国チェーンの金券ショップは?

上記のように神戸市内には切手の売買を行っている実店舗の金券ショップが数多くありますが、通信によって高額で切手買取を行い、割安で切手販売を行っている全国展開の金券ショップがいくつかあります。

「チケットレンジャー」は、東京に実店舗を置く金券ショップですが、郵送などにより、全国からの切手買取を行っています。郵送買取での買取額がMAX96%を誇る金券ショップです。バラ切手の場合は、事前にユーザー側で仕分けをして、同じ切手の場合は台紙に貼り付けることで買取額がアップするということですので、郵送で大量の切手を売却したい場合には、同店のHPをよくチェックして買取に挑みましょう。さらに、切手の販売においても品揃えが豊富で、独自の買取流通ルートを駆使して顧客満足度を上げているようです。

同様に東京に実店舗を置きながら、オンラインでの切手の売買に力を入れているのが「チケッティ」です。普通82円切手の現行柄のシートの場合は96%、額面50円以上の記念切手シートも94%と高額での買取を行っています。さらに、販売も98%という割安レートで行っているので、大口の切手の購入の場合には検討してみるとよいかもしれません。(2018年現在)

●金券ショップに切手を売る際の注意点

金券ショップの場合は、額面の何割かで買取金額を決めています。それは普通切手だろうと記念切手だろうと同様です。大量に切手がある場合は便利ですが、もし万が一その中にプレミア切手が紛れていても金券ショップではその見極めができません。つまり、高額で取引されるはずのプレミア切手も、金券ショップに持ち込んでしまっては額面以下の金額で買い取られてしまうということになります。もし、自身が切手に詳しくないにもかかわらず、大量のコレクションを譲り受けてしまったなどという場合は、決して金券ショップに持ち込まず、必ず切手買取専門店に相談してください。金券ショップは現行切手などの事業用の利用に留めるべきでしょう。