記念切手を買い取ってもらいたい…神戸ならどの店に持ち込む?の詳細

> 記念切手を買い取ってもらいたい…神戸ならどの店に持ち込む?

記念切手を買い取ってもらいたい…神戸ならどの店に持ち込む?

記念切手とは、何らかの国家的行事やそのアニバーサリーを記念して郵便局が発行する切手のことです。発行上限や販売地域などを制限せずに売る普通切手と違って、枚数限定だったり期間限定だったり地域限定だったりするので、一部プレミアがつくものもあります。かつて、切手の収集は趣味の王道と呼ばれていました。その頃には、こういった記念切手をたくさん集める人が大勢いました。しかし、最近は切手コレクションの人気が下がってきてしまい、一部の記念切手は大量に市場に流通するようになり、値崩れを起こしてしまっているものもあります。

しかし一方で、根強いコレクター人気を誇り、いまだに高額で取引されるプレミアがついた記念切手もあります。こういった記念切手の見極めは素人には不可能です。つまり、それなりの知識をもった買取専門店に査定を依頼するということになります。故人のコレクションを処分したい、コレクションを譲り受けた、という人で神戸でその価値を見極めたい方は、以下のようなお店に相談してみましょう。

●どんな記念切手でも買取OK「おたからや」

元町駅前やパークノヴァ六甲道に店舗がある「おたからや」は、ブランド時計や貴金属、絵画や玩具なども買い取ってくれる買取専門店ですが、切手の買取にも力を入れています。当然、記念切手の知識も豊富でプレミア付きの記念切手などの取引を何度も行ってきた実績があります。HPには、昭和御婚儀4種不発行切手などの買取実績が公開されていたりします。さらに、大量のバラ切手や汚れや丸まった切手、台紙にはられた切手なども買い取ってくれるようです。使用済み切手の中にもプレミアがつく場合もあるようなので、大量の記念切手が出てきた場合には「おたからや」に相談してみてはいかがでしょうか。

●記念切手の買取、地域最高値を豪語する「大吉フォレスタ六甲店」

こちらも同じく貴金属やブランド品、各種金券の買取を行っている買取専門店「大吉」のフォレスタ六甲店ですが、やはり記念切手の買取にも力をいれています。

中央区・灘区・東灘区においては記念切手の買取において地域最高値を豪語しているお店です。バラでもシートでも査定をしてくれて、その中から額面以上のプレミア価格がつくものを見つけ出してくれるようです。店舗への持ち込みもOKですし、出張買取にも対応してくれるので、中央区・灘区・東灘区にお住まいの方は、まず最初の選択肢にいれてみてもいいのかもしれません。

●神戸市中央区限定だけど…切手買取専門店「切手のバイセル」

神戸市中央区限定ですが、切手の出張買取の専門店として評判が高いのが「切手のバイセル」です。切手専門店だけにその知識は確かなもので、折れていたり汚れていたりといったものでも適正価格で買い取ってもらえるとの声が上がっています。中でも、イベント開催の記念切手や、切手趣味週間の記念切手、戦後50周年メモリアル切手、震災切手、昭和切手など、そのほか他店では低めに査定されてしまうような記念切手でも、高額で査定してもらえる可能性があります。果たして、この記念切手には価値があるのかどうか、迷ったら「切手のバイセル」に相談してみることをおすすめします。ただし、神戸市中央区限定ですが。

●本社は大阪、しかし神戸に出張買取にきてくれる「福ちゃん」

切手の出張買取で全国的に有名なのが「福ちゃん」です。もちろん、記念切手の買取にも力をいれて、思っていた以上の金額がついたと喜びの声が各地で上がっています。この「福ちゃん」、もちろん神戸市内にも出張買取をしてくれます。そして、福ちゃんのHPにはプレミア記念切手として額面以上での買取を宣言している切手のリストがあります。国際文通週間記念の「市川海老蔵」「ビードロを吹く娘」「東海道五十三次・浦原」「東海道五十三次・桑名」だったり、文化人シリーズの「森鴎外」「西周」、さらに「大正婚儀記念」や「明治銀婚記念」、「郵便創始80年記念小型シート」など、さまざまな記念切手が写真付きで載っています。もしも、ここに掲載されている記念切手が手元にある場合には、いそいで「福ちゃん」に相談することをおすすめします。ひょっとしたら、思わぬ臨時収入になるかもしれません。

●プレミアがつかない記念切手は…「福助さん」

プレミアがついて高額で取引される切手は、逆に言えばどんなお店でもそれなりの値段をつけてくれるものでしょう。しかし、記念切手はプレミア切手ばかりではありません。中には流通量が多かったり、最近発行されたばかりという記念切手の場合は、あまり値段がつかないものもあります。三宮に店舗がある切手・古紙幣買取専門店である「福助さん」では、昭和30年以降発行の記念切手を額面の80%という額で買い取ってもらえるとのことです。未使用なまま保管されていた昭和30年以降発行の比較的新しい記念切手が出てきた場合、「福助さん」に相談してみてください。